介護の資格を取って日本の問題に手を差し伸べよう

就職の際には有利です

車椅子

専門学校選びが重要です

高齢化社会の到来により、介護・福祉・高齢者医療等の現場へ就職するには、資格がある場合には有利であるといわれています。介護の資格には、介護福祉士、ケアマネージャー、介護職員初級者研修、実務者研修などがあります。このうち介護福祉士は、福祉業界のなかで社会福祉士、精神保健福祉士と並ぶランクの高い資格のひとつで国家資格です。介護福祉士は、介護が必要な高齢者や障害者などに対して、日常生活が送れるように、食事、入浴、歩行、排せつなどの介助を行っています。介護福祉士になるには、厚生労働大臣の指定を受けた専門学校や養成施設等で所定の学習を修了するほか、国家資格試験に合格する必要があります。資格試験を受験するには、3年以上の実務経験及び実務者研修を修了するか、福祉系の高校で所定の単位を取得して卒業する必要があります。専門的な知識や技術等が認定された者に与えられた国家資格であるため、介護の現場で職員を指導する役割を果たすことになります。介護福祉士の資格を確実に取得するには、厚生労働大臣の指定する専門学校や養成施設等で所定の学習を修了することが効率的です。資格試験を受験することなく、確実に資格を取得することができます。大都市圏には、多くの専門学校や養成施設等が設置されています。専門学校や養成施設等を選ぶ際には、卒業生の就職状況等も検討する必要があります。専門学校や養成施設等を選ぶ際には、卒業生の口コミ情報等を参考にして選ぶ必要があります。