介護の資格を取って日本の問題に手を差し伸べよう

様々な仕事があります

食事

就職に有利

日本は超高齢化の時代となっていますが、それゆえに介護を必要としている人は増えていますし、介護関連の求人も多く紹介されています。資格を持っていなくても働ける仕事はありますが、資格を持っているとより就職の際に有利となりますし、賃金がアップすることも期待できます。介護の資格にも様々な種類がありますが、多くの人が取得しているもののひとつに、介護職員初任者研修があげられます。これは旧ホームヘルパー2級と呼ばれていた資格で老人ホームなどの施設や訪問で活躍することが多くなっています。よりキャリアアップを目指すのであれば上位資格である介護福祉士を目指してみることもおすすめです。こちらは国家資格となっており取得難易度はより高いものとなります。取得方法としては、厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業する方法と、国家試験で合格を目指す方法があります。そして試験は誰でも受けられるというわけではなく、実務者研修を修了させておくこと、実務経験も必要となります。さらにケアマネージャーも注目されている資格で、こちらはそれぞれの心身の状態や環境に応じて最適な介護サービスを受けられるためのプランを作成したり、施設などとの連絡調整を行う仕事です。国家資格ではないものの豊富な実務経験も必要で、専門性も高い仕事となっています。さらに事務系の資格もあり、介護事務も注目が高まっています。介護保険のことをしっかり理解しておくことはもちろん、パソコン作業も必要ですので、パソコンのスキルも磨いておきたいところです。