介護の資格を取って日本の問題に手を差し伸べよう

国家試験を受ける前に

介護福祉士の国家資格を得るには、高卒なら福祉系の大学や養成校を卒業してから試験を受けることになります。また三年以上の実務経験者は実務者研修を経る必要があるでしょう。後は福祉系高校や特例高校から受ける場合は、新旧カリキュラムで条件が違います。

キャリアアップに不可欠

介護士と老人

種類とできる仕事の内容

介護の資格が注目されています。注目されている理由は、就職や転職に有利になること、取得すると仕事の幅が広がり、キャリアアップにつながることなどが挙げられます。介護の資格はたくさんありますが、主要なものとして、介護職員初任者研修や実務者研修、介護福祉士、ケアマネジャーが挙げられます。このうち介護福祉士は国家資格で、介護資格の要となるものです。初任者研修はかつてのホームヘルパー2級に相当するもので、介護の仕事のとっかかりとなる知識を得るのにいい資格です。これがないと就職できないことはありませんが、取得しておけば採用時に有利になります。実務者研修を取得すると、サービス提供責任者となれます。責任者になれば、訪問計画の作成ができたり、ヘルパーのマネジメントも行えたりするようになります。また、現場で重宝されるのが、痰吸引や経管栄養などといった医療行為の一部を行えるようになることです。介護福祉士であっても研修を受けてない場合は、痰吸引は行えないため、実務者研修の資格があると現場で役立ちます。また実務者研修は介護福祉士の受験資格要件となっているため、キャリアアップを目指す場合避けられない資格です。介護福祉士は、ならないとできない業務というのは基本的にありません。しかし、より高度な知識と技術があるとの証となり、現場で任せられる仕事が広がります。研修を受けると痰吸引、経管栄養などを行うことも可能です。ケアマネジャーになると、利用者の家族の相談に乗り、ケアプランを作成し、サービスの申請書類などの作成を代行したりと、仕事の幅は多岐にわたります。専門性の高い知識が要求される仕事で、能力次第で独立開業も可能となります。

就職の際には有利です

介護などの現場で働きたい場合、資格を取得していると有利になります。介護に必要な資格には、様々なものがありますが、その中でも介護福祉の資格は国家資格なのです。介護福祉士を目指すなら、指定校である専門学校などを卒業して試験に合格しなければなりません。数ある専門学校などを選定する時は口コミを参考にするとよいでしょう。

様々な仕事があります

日本では高齢化社会が進んでおり、介護を必要とする人も増えていることから、関連の資格を取得する人も増えています。資格がなくても働ける場合もありますが、取得しておくと就職に有利となったり、収入アップも期待することができます。